出張スーツ - junhashimoto
junhashimoto webshop TFW 49 webshop
2020.01.23

出張スーツ

ビジネスマンにとってスーツは決して欠かすことのできないアイテムです。あまりにも当たり前の存在になり、あまり意識せずに身につけているという方も多いのではないでしょうか? しかし、そんなスーツの扱いで悩んでしまうのが出張シーンです。移動中に汚れてしまう可能性などを考えると、最初から着ていくべきなのかで悩んでしまうケースもあるでしょう。 長距離の移動を伴う場合、できるだけリラックスできる服装を選びたいものです。そこで、今回はスーツに関する出張シーンのお悩みを解決します。

出張シーンのお悩みまとめ

普段の出勤では、朝スーツを着て通勤するのが一般的です。毎日の通勤ではそれほど気にならなくても、出張で遠方に出掛けるとなると、そもそも着ていくかどうかで悩んでしまうものです。
確かに現地で着替えることができれば、移動中にスーツが汚れるのを防げますし、リラックスできる服装で移動できます。
しかし、そうなるとスーツを持っていくことになります。すると、荷物も増えますし、どうやって持っていくのかも悩みになるでしょう。まずは、そんな出張シーンにおけるさまざまな悩みをご紹介します。

ガーメントバッグを持っていくと荷物が増えてしまう

引用:Instagram yuzeoriginals

スーツを持ち運ぶのであれば、ガーメントバッグを使用するのが一般的です。スーツが型崩れしたりシワになったりするのを防げるため、出張には欠かせないという方も多いでしょう。
しかし、ガーメントバッグには大きなデメリットがあります。それがサイズです。スーツをそのままの形で収納できるため、その分どうしてもサイズが大きくなってしまうのです。
移動の長い出張ではできるだけ荷物は減らしたいものですが、ガーメントバッグを持つだけでも大荷物になってしまいます。
スーツを持っていく場合、この点がもっとも大きな悩みとなるのです。

出張時にはどんなスーツを着ていくべき?

引用:Instagram hespokestyle

引用:Instagram nikkeistyle

出張時にはスーツ選びにも悩んでしまうものです。
出張中は、いつものように気軽に着替えることができないケースも多く、スーツを着ている時間が長くなってしまいがちです。結果として、いつもより疲れ、長時間着ていることで型崩れしてしまうケースもあります。
そのため、いつも着ているスーツも出張時には不便に感じてしまうものです。

そして、出張時にはどんなスーツを着ていくべきなのかわからず、悩みになってしまうことがあるでしょう。

スーツを着て長時間移動する際の悩み

できるだけ荷物を減らしたいのであれば、最初からスーツを着て出張に出掛けるのもひとつの方法です。しかし、遠方への出張であれば数時間にわたって新幹線や飛行機などの座席に座り続けなければならないケースもあります。
スーツを着たまま長時間座っているとリラックスできないだけでなく、スラックスの折り目が消え、座りシワもできてしまうものです。
出張先に到着した時点で心身共に疲れ、スーツもシワになっていると仕事に支障が出る可能性もあります。
スーツを着ていくことで手荷物を減らすことはできますが、今度はこのような悩みを抱えてしまうことになるのです。

出張時のスーツの悩みを解決するには?

引用:Instagram suitpage

前述のように、出張時にはスーツに関するさまざまな悩みを抱えてしまいがちです。続いてはそんな悩みを解決してくれるアイテムや、方法をご紹介します。

出張の達人は使ってる!出張を快適にしてくれるスーツ

引用:junhashimoto

一般的なスーツの場合、ガーメントバッグがなければシワをつけずに持ち運ぶことはできません。しかし、ガーメントバッグはその構造上、サイズが大きくなり、荷物になってしまいがちです。
そんな悩みを解決してくれるのがパッカブルスーツです。その名の通り、コンパクトに収納することのできるスーツで、クラッチバッグ程度のサイズで持ち運ぶこともできます。
以前のパッカブルスーツはどうしても、一般的なものと比較すると生地が薄く、質感やシルエットに違和感のあるものがほとんどでした。しかし、今日ではさまざまな新素材が登場したこともあり、見た目も着心地も本格スーツと遜色ないものが増えています。
リラックスできる服装で移動したいという方の心強い味方となってくれることでしょう。

引用:junhashimoto

1日中スーツを着ることによる疲れや、型崩れ、シワなどが気になるという悩みを解決してくれるのがウールジャージー素材のスーツです。十分な伸縮性がありながら、同時に伸び過ぎや型崩れも防いでくれます。
着心地も軽く、長時間着ていても疲れることはありません。
長時間の移動でクリースがとれて座りシワができてしまうという悩みは、クリースがステッチになった「パーマネントクリースパンツ」で解決できます。一般的なスラックスのクリースはアイロンなどでしっかりと折り目をつけなければ消えてしまいます。それに対してパーマネントクリースパンツであればただの折り目ではなくステッチですのでアイロンいらずでしっかりとクリースを維持できます。
さらに、先ほどご紹介したウールジャージー素材のものを選べば座りシワの心配もありませんし、適度な伸縮性があります。移動中もリラックスできるでしょう。

引用:Instagram standeven1885

スーツも時代と共に進化し続けています。上記のアイテムの他にも大容量の内ポケットに貴重品や必需品を収納できるタイプであれば手荷物を減らせます。表面が撥水加工されているものであれば、急な天候の変化にも慌てる必要はありません。

出張疲れをしっかりと癒すには?

引用:Instagram academia_of_athens_hotel

慣れない土地にいくことになりますので、快適に過ごせるスーツを着ていてもやはり心身共に疲れてしまうものです。そんな疲れが仕事に影響してしまうのを防ぐためには、ホテルでしっかりと疲れを癒すことが重要となります。
ホテル選びにはいくつかのポイントがありますが、最初にチェックしたいのは寝具です。最近ではビジネスホテルでも本格派のベッドが備えられているケースも増えています。寝具が合わないと十分な睡眠がとれず、疲れを癒すことができません。
続いて、スーツやシャツの手入れのしやすさもチェックしておきましょう。ズボンプレッサーなどが備えられているホテルであれば、「スーツの疲れ」も癒すことができます。

引用:Instagram brochnerhotels

引用:Instagram parisinsiderfood

もちろん、食事も重要な要素です。できればホテルの近くでその土地ならではのグルメを楽しめるお店をチェックしておきましょう。

マネしたい超軽量パッキング

出張時にはパッキングが悩みになってしまうという方も多いでしょう。そこで、最後にコンパクトで軽量に荷物をまとめるパッキング術をご紹介します。

まず、洋服やタオル、下着などは丸めて畳みます。同じTシャツなどでも丸めて畳むことでコンパクトになります。アウターやニットなどの厚みのあるものはオーガナイザーを使用して丸くコンパクトにまとめましょう。こうして丸めた衣類をすきまなくパッキングしていきます。小物などを収納するケースなどはできるだけ四角いものや縦長のものにすることでスペースを有効に活用できるでしょう。

また、出張の帰りの荷物をコンパクトにしてくれるアイテムがコンプレッション機能付きのサックです。内部の空気を抜くことでよりコンパクトになりますので下着などの洗濯物を収納するのにぴったりです。

このように、ちょっとした工夫で出張時の荷物をコンパクトにまとめることができます。

まとめ

出張で遠方へ出かけるとなると、さまざまな悩みが出てくるものです。特に、スーツは悩みの種になってしまいがちです。
そこで、今回ご紹介したスーツや便利アイテムを活用してみましょう。それだけで多くの悩みを解決し、仕事に集中できます。特に出張にあまり慣れていない方は参考にしてみてください。

junhashimoto TFW49 junhashimoto webshop