【メンズ】革ジャン(レザージャケット)を寒い冬も着こなすポイント! - junhashimoto
junhashimoto webshop TFW 49 webshop
2020.12.11

【メンズ】革ジャン(レザージャケット)を寒い冬も着こなすポイント!

一度購入すると長く着続けることができる革ジャン(レザージャケット)ですが、真冬には寒くて着こなしづらいというイメージを持つ方も多いかと思います。しかし、革ジャンはコーディネートやインナーを工夫することで寒い時期にも着回すことが可能です。 本記事では、真冬に革ジャンを着こなすポイント、冬のあいだ着られるおすすめの革ジャンなどをご紹介します。
【メンズ】革ジャン(レザージャケット)を寒い冬も着こなすポイント! 【メンズ】革ジャン(レザージャケット)を寒い冬も着こなすポイント!
TAGS : media /

革ジャンはいつから着ることができる?

引用先:HYPEBEAST

真冬にも着回せる革ジャンですが、革ジャンを着るのに最適な時期はいつなのでしょうか?着始めの時期・気温を解説します。

着初めの“時期”の目安

革ジャンの着初めに適しているのは、10月下旬ごろ(首都圏の場合)です。薄手のコートやカーディガンでは寒いと感じるようになってきたら、革ジャンを着始めるのに適しているといえるでしょう。

着初めの“気温”の目安

革ジャンを着始めるのに適しているのは、最高気温20度前後です。季節の変わり目は寒暖差が大きいため、最高気温が20度前後の日は、10月下旬を待たず革ジャンを着てもよいでしょう。

革ジャンはいつまで着ることができる?

それでは、革ジャンでは寒いと感じるようになる時期はいつなのでしょうか?真冬にも革ジャンを着こなすポイントを解説する前に、基本的な着納めの時期・気温をご紹介します。

着納めの時期の目安

着納めの時期の目安といわれているのは、12月下旬ごろ(首都圏の場合)です。12月下旬までは、最高気温が10度以上ある日が多いため、周りから浮くことや寒さを気にしすぎることなく革ジャンコーデを楽しむことできます。

着納めの気温の目安

着納めの気温の目安といわれているのは、最高気温10度前後です。最高気温が10度前後になると、ウールのコートやダウンジャケットなど、厚手のコートを着る人が増え、寒さも厳しくなってきます。12月下旬以降や最低気温10度以下の場合は、コーディネートやインナーを工夫して革ジャンを着ることが重要になってくるといえるでしょう。

  • まとめ

・革ジャンを着用するのに適した気: 

最高気温20度以下10度以上

・寒さに合わせアウターを変える順番:

①薄手のコート、カーディガン など

②革ジャン など

③ウールのコート、ダウンジャケット など

真冬に革ジャンを着るには?

引用先:Instagram erik.forsgren

1〜2月にもお気に入りの革ジャンを着たいという方も多いかと思います。革ジャンは、コーディネートやインナー次第で暖かく着ることができます。ここででは、真冬に革ジャンを着るポイントを解説します。

1. 厚手のインナーや高機能インナーを着る

セーターなど、厚手のインナーは革ジャンの保温性を補うことが可能です。ただし、革ジャンは、タイトまたはジャストサイズで着ることが基本なため、厚すぎるインナーだと、着膨れしてしまう場合があります。着膨れが気になる場合は、発熱性に優れた高機能インナーなどを着るのがおすすめです。

2. マフラーなどの小物で防寒する

革ジャンは、ノーカラーのデザインや、襟が低いデザインのものが多いため、首が寒いと感じることが多いでしょう。マフラーを巻き、首に寒気を触れさせないようにすることで、首を温めることが可能です。また、マフラーを加えることで、革ジャンをカジュアルダウンさせることができます。いつもは革ジャンを着ないという方にもおすすめです。

3. 革ジャンの上に冬物アウターを着る

タイトな革ジャンは、ジッパーを上げ、インナーのように着ることも可能です。例えば、革ジャンの上にモッズコートを着て、無骨な印象を強化したり、革ジャンの上にステンカラーコートを着て、無骨な印象とキレイめな印象を共存させたりすることも可能です。junhashimotoではインナーに着ることを前提にした「インナーライダース」を販売しています。革ジャンの上に冬物アウターを着るコーディネートは、一味違う大人の魅力を演出したい方にぴったりです。

冬のあいだ着られるおすすめ革ジャン

新しい革ジャンの購入を検討しており、真冬にも革ジャンを着まわしたい方には、裏地がムートンやボア素材の革ジャンなど、防寒性を高めた革ジャンを選択するのがおすすめです。ここでは、冬のあいだ着られるjunhashimotoのおすすめ革ジャンを紹介します。

ムートンラップコート

MOUTON WRAP COAT

防寒を工夫することで真冬に着回せる革ジャンも、裏地がムートン素材なら、羽織るだけで暖かく過ごすことができます。フードからフロントまで、首元に沿うようにデザインされているため、上品ながら首元の防寒も叶います。

ムートンブルゾン

B/3

こちらも、裏地にムートンを使用したアイテムです。シンプルなデザインなため、無骨ながらも上品な印象を与えることができます。保温性に優れているので、着込むことを想定せず、ジャストサイズで着たいアイテムです。

ジップレザーシャツ

ZIP LEATHER SHIRTS

革ジャンの重さが気になる方は、軽い革で仕立てられたものを選ぶとよいでしょう。メス鹿から作られた革を使用したジップレザーシャツは、軽くて丈夫です。柔軟性にも優れているため、セーターなどと合わせて暖かく着こなすことができます。

インナーライダース

INNER RIDERS

インナーライダースは、冬物アウターの下に着られるよう、身体にフィットするようデザインされた革ジャンです。高い襟がコーディネートのアクセントになり、インナーとしてもアウターとマッチします。

セミダブルレザー

SEMI COLLAR W RIDERS

セミダブルレザーは起毛加工した牛皮革を使用することで、ダブルライダースをモダンな表情に変化させたアイテムです。高機能インナーを着てメインアウターとして、冬物アウターを重ね着してインナーとして、幅広く着用することができます。

寒い冬もお気に入りの革ジャンコーデを楽しもう

寒くて着こなしづらいイメージの革ジャンも、暖かなインナーを着たり、冬物アウターを重ね着したりすることで着こなすことができます。また、新しく革ジャンの購入を検討している方は、防寒性を高めた革ジャンを選択するのもおすすめです。高品質の革ジャンは、お手入れをすることで長く着続けることができます。

junhashimoto web shopでは多数のレザーアウターを取り揃えています。

junhashimoto LEATHER OUTER PAGE

junhashimoto TFW49 junhashimoto webshop