1. ホーム
  2. トピックス
  3. JH × EDWIN GATHER RIB DENIM

生地が伸びるようにするためには、おおまかに言うと編み物にするか、伸びる糸を使って織るかのふたつの方法があります。前者がいわゆるジャージーデニム、後者がストレッチデニムです。そしてジャージーデニムは編み物ゆえに、こすったり破いたりする加工はできません。それでも支持されているのは、圧倒的に肌触りがいいから。一方ストレッチデニムは、加工ができる代わりに肌触りがちょっとケミカルです。織物って裏側に現れる横糸の性質が肌に伝わるんですよ。そこで新しい素材では、横糸を2層構造にして、肌に触れる部分にパウダースノーというもの凄く肌触りのいい糸を使ったんです。目指したのは、動きやすいだけじゃなく、穿いたら脱げなくなる肌触りのデニムです。

ディテールはどこまでもベーシックに、シルエットは細くシャープに、を目指し、逆にラベルやバックポケットのWステッチといったアイコンは、変なダブルネームにするよりもエドウィンのオリジナルにこだわりました。ものづくりへのリスペクトを表すと同時、インパクトもむしろ強いと思ったからです。だって、いわゆるファッションピープルがエドウィンを穿いてたら、絶対「ソレ何?」ってなりますもん。しかも、それがこれ見よがしなものでなかったら、なおさら興味が湧くはず。そういうふうに伝わっていく情報ってすごく強いと思うんです。

裾に幅広のゴムを仕込んだギャザーデニム。裾を絞り込んだシルエットは、現在のボトムス事情を語る上で外すことのできないファクターだが、異素材であるリブや絞り込みが極端になるドローコードを格好よくデニムに組み込むことは難しい。そこでこのモデルには、オリジナルディテールとして開発したギャザーを採用。同素材のままテンションの緩やかな絞りを実現した。その結果、ハイカットシューズを履いたときでも裾のイン・アウトを自由に選べる。しかもレングスは絶妙な九分丈。裾が締まり込まず、たるみもしないため、リブパンスタイルでありながら脚がすっきりと長く見えるのだ。

JH × EDWIN GATHER RIB DENIM

カラー:USED / D.USED

サイズ:サイズ1 / サイズ2 / サイズ3 / サイズ4 / サイズ5

¥24,840円(税込)

ご購入はこちら